NFT

【誤解】NFTは絵を売るだけじゃない 成功事例「CNP」から知るNFTビジネス

数字で見るCNP

CNPというNFTが何かすごいらしい!
でも、どうして高い価格がつくの?

困った

いらっしゃいませ、とーひーです。

NFTコレクション「CNP」は、2023年3月6日現在「1.8ETH」。日本円にして、「約38万円」です。

(1ETH=213,000円 当日レート)

「CNP」 2023年3月6日現在のフロア価格

NFTは、単なる「デジタルの画像」です。

そんなものにどうして、「38万円」もの価格がつくのか?

疑問ですよね。

ですが、NFTをビジネスとして捉えるとわかってきます。

NFTは絵を売るだけじゃないんです!

NFTは絵を売るもの、デジタルアートを売るものだと思っているのは誤解です!

今回は、CNPの事業展開を成功事例として上げながら、「NFTはしっかりとしたビジネスである」ことをご説明しますね。

本記事を書いているとーひーは、2022年5月15日に「CNP」を購入しました。

🔽がキャラクターの1つ、「リーリー」です。

著者が所有するCNP リーリー

リリース当日は、「5000円」ほどだったものが、「3万円」「5万円」「10万円」と価値を上げてきた様を数ヶ月にわたり見てきました。

その中で、「どうして?」と疑問に感じつつ、自ら学び、体験してきて、少しずつわかってきたことをお伝えしますね。

☑NFTの購入には暗号資産「イーサリアム」が必要です。

【損しないための大切なお知らせ】

イーサリアムの購入はBitTrade(ビットトレード)
がおすすめ。

理由は、手数料が安い「取引所」が利用できるから。

おまけに、「2円」から暗号資産が買えるので便利です。

【無料】ビットトレードで口座開設する>>

\無料・最短5分で開設/

ビットトレードで口座開設する

【誤解】NFTは絵を売るだけじゃない

まず、大前提として、「NFTは絵を売るだけじゃない」ことを把握してください。

誤解であると認識していただきたい。

「NFTは絵を売るだけ」と思っているから、何十万円もの値段で取引されているのを見て「怪しい」「胡散臭い」などと誤解してしまうのです。

そのような意見が多くあることは知っています、

【危険!?】NFTが胡散臭いと言われる理由5つ 本当に大丈夫なんですか?

【残念!】NFTはくだらない、と言われる5つの理由 言われるのもわかる事例

ですが、それは単なる勉強不足。

記事を読み進めていただければ、どうして単なるデジタルアートに何十万円もの価値がついているのかおわかりいただけると思います。

NFT「CNP」から知るNFTビジネス

NFTは、単なる「デジタルの画像」

NFTは、単なる「デジタルの画像」です。

そのことは、NFTプロジェクトを手掛ける運営側も把握していること。

だからこそ、それに価値をつけていく作業が必要です。

NFTは売ることからはじまる

CNPは、2022年5月15日に「22,222枚」が発行され、売り出されました。

結果は見事、完売。リリースされても売れ残るNFTプロジェクトもあり、CNPは大成功といえます。

ですが、それで終わりではありません。

NFTは、売ってからがはじまりです。

理由は、NFTは転売ができるから。転売する人が増えれば需要と供給の関係から、NFTの価格は下がっていくもの。

転売されないように、「持っていた方がお得」と思われる施策が必要となります。

ですから、完売後にすぐに運営側から以下のようなツイートがされました。

CNPはキャラクターやアイテムを追加

CNPは、リリース当初はキャラクターは4体でした。

リーリー

CNPキャラクター リーリー

ミタマ

CNPキャラクター ミタマ

ナルカミ

CNPキャラクター ナルカミ

オロチ

CNPキャラクター オロチ

ですが、2023年3月6日ではさらに「2体」のキャラクターが追加されています。

ルナ

CNPキャラクター ルナ

ヤーマ

CNPキャラクター ヤーマ

今後もさらにキャラクターの追加が予定されており、次はどんなキャラクターが出るのか楽しみです。

ここが、CNPの大きな特徴です!

通常のNFT.コレクションにおいては、このような追加はあり得ません。

理由は、すでに発行されているNFTの価値を下げてしまうから。

100体あったところに、さらに100体追加されたら、単純に価値は半分になってしまいます。

100体あったところに、さらに100体追加されたら、単純に価値は半分になってしまう図解

初期にNFTを買った人たちを、ないがしろにする行為。

プロジェクトに愛想を尽かされて、NFTを売り払う人も出るでしょう。

そうなっては、プロジェクトのNFT全体の価値が下がってしまいます。

では、どうするのか?

「バーン」です。

「バーン」とは燃やすという意味ですが、NFTは燃えませんので「消す」と思ってください。

くわしくは【かんたん】NFTのバーン(Burn)とは? やる理由・やり方を徹底解説

所有するNFTを「バーン」する(消す)ことで、新しく追加されたキャラクターをゲットできます。

それがCNPの「バー忍」システム

CNPの「バー忍」システム
https://note.com/cryptoninja/n/n661542ba702b

ちょっと難しく感じる人は「交換」だと思えばいいですよ。

今まで持っていたものと、新しく追加されたものを「交換」するイメージです。

新しいキャラクターと交換

既存の(A)と新規の(B)を交換して、既存の(A)を消すことで価値を保ちます。

既存のものは消す

さらに、「CNP」は当初より予定していた「巻物」をついにリリース。

「巻物NFT」は、今後7本(7色)リリースされる予定。

メタバース内に建設される「忍者屋敷」に入るツールとなります。

さらに、「進化」の話が出ています。

「巻物NFT」を所持し、ある条件を満たした者だけが到達できる領域……。

それは、何か。今後の展開も楽しみですね。

新しいアイテムの追加で、「CNP」はさらに楽しめるものになっていきます。

どうですか?

CNPは非常に楽しいプロジェクトだと思いませんか?

CNPの運営陣は、非常に優秀だと思いませんか?

CNPの将来性を感じませんか?

CNPの魅力をさらに知りたい方は🔽

【CNPの買い方】NFT 「CryptoNinja Partners」の強さの理由

《補足》
英語でのツイートは、海外のNFT投資家へのアプローチのためです。

「CNP」は、世界規模のNFTコレクションとなることを目指しています。

CNPは様々な事業を開発

CNPは、NFTコレクションですが、それを支える事業が複数あります。

この項では、それをご紹介。

・スマホアプリ:CNP Friends

・スマホゲーム

CNP(CryptoNinja Partners)がスマホゲーム「CNP忍界大戦(仮)」をカヤックアキバスタジオと開発。2023年7月リリース予定

・オーナー優待、割引制度

CNP OWNERS ロゴ

CNPのオーナーは、提携する全国の飲食店で特典が得られます。

CNPがクーポンになる。

CNP OWNERS

・ふるさと納税

CNPは、ふるさと納税にも参加しています。

ふるさとCNP

大手企業とも締結

CNPは、あの日本を代表する企業とも締結しています。

「CNP」を活用したデジタルマーケティング支援について、ソフトバンクと締結

NFT発のIP「CNP」を活用したデジタルマーケティング支援についてソフトバンクと基本合意を締結

他にも、まだまだ。

詳しくは公式サイトをご覧ください。

CNP公式サイトへ行く

☑このように、NFTは様々な展開を見せ価値を高めていくビジネスです。

NFTという単なるデジタルの画像に、〇〇万円の価値がついて売買されている理由がお分かりいただけたのではないでしょうか。

NFTの購入・所有は、プロジェクトを支援している証です。

将来性のある「CNP」プロジェクトの仲間になりませんか?

【CNPの買い方】NFT 「CryptoNinja Partners」の強さの理由

NFT「CNP」の功績

CNPは、2022年5月15日にリリースされました。

発行点数は「22,222体」。

当時、日本のNFT人口は5000人ほど。ですから、「22,222体」ものNFTの発行は無謀とも言われていました。

・NFTは日本では流行らない

・NFTは海外へ向けて売らないと上手くいかない

そのような批判がありました。

【注意!】NFTは流行らない 日本では流行らない3つの理由と今後の展望 

ところが、発売されるやわずか1時間ていどで完売。

その記事がこちら⬇⬇⬇

prtimes
https://prtimes.jp/

NFTコレクション「CryptoNinja Partners」国内最大級の22,222体が販売開始から1時間程度で完売

そもそも「CNP」は、手に入れやすいNFTという企画で、5,000円くらいで買えることではじまりました。

ですが、その人気は上がるばかり。

「3万円」「5万円」と値を上げ。

9月には、1ETHで購入されることも。当時のレートで約20万円です。

1ETH突破をきっかけに、CNPは海外の投資家からも注目され。

2023年2月6日時点では、「1.969ETH」。日本円で「約42万円」が最低価格です。(1ETH=213,000円として)

CNP 2023年2月6日時点のフロア価格

ここまでのものになるとは……。

しかし、前述のCNPの事業展開を見れば納得できますね。

CNPにかけた想いはこちら。

「CNP」とは 大成功NFTコレクション「CryptoNinja Partners」

まとめ

今回は、大成功しているNFTプロジェクト「CNP」を事例として上げながら、「NFTビジネス」について解説しました。

NFTは絵を売るだけじゃない。

NFTはデジタルアートに高い金額がついているだけ、という誤解が解けと思います。

記事の中で紹介したCNPは、今後の展開がまだまだたのしみなNFTのコレクションです。

この勢いで行けば、まだまだ価値が上がって行くでしょう。

1体40万円以上もしますが、まだ「安い」かもしれません……。

買い方は、5ステップ

ステップ1:bitFlyerで口座開設する

ステップ2:MetaMaskのアカウント作成

ステップ3:イーサリアムを購入・送金

ステップ4:MetaMaskとOpenSea を連携

ステップ5:CNPを購入

5つもありますから、大変は大変です。

でも、1つずつやっていけば誰でもできますのでやってみてください。

苦労してかったCNPは本当にかわいいですよーーー\(^o^)/

日本ではNFTを買っている人はまだ「15,000人」くらい。

どの分野でも早くはじめたほうが有利です。今すぐはじめて「先行者優位」を取りましょう!

おまけに、「CNP」ならばもう1段上の立場になれます。

日本でNFTを買っている人ならみんな知っていますし、「CNPオーナー」は優遇されますから。

☑NFTの購入には暗号資産「イーサリアム」が必要です。

イーサリアムの購入はビットトレード
がおすすめ。

理由は、「手数料が安い取引所」が利用できるから。

2円から買えるのも、初心者さんには安心・便利。

【無料】ビットトレードで口座開設する

\無料・最短5分で開設/

ビットトレードで口座開設する

BitTrade

bitFlyer

【関連記事】【危険!?】NFTは無価値だ! 無価値かどうかは託されている

【関連記事】NFT なぜ買う 単なるデジタルアートにお金を出す理由は何なのか?

-NFT