NFT

【注意!】NFTは流行らない 日本では流行らない3つの理由と今後の展望 

NFT 流行らない





日本ではNFTは流行らない。
そう言われて、不安なんだよね。

困った



いらっしゃいませとーひーです。



実際、海外の盛り上がりと比べると、日本ではNFTは流行っていません。
残念ながら、日本が取り残されている状況です。



ですが、「日本ではNFTは流行らない」と決めつけてしまうのはどうでしょうか?

何故なら、NFTは今後有望なテクノロジーだからです。

遅れてはいるものの、日本でも徐々に受け入れられていくことが予想されます。



おまけに、成長市場ですから経済的に豊かになれるチャンスでもありますね。



NFT含み益


NFT流行らない、なんていっているともったいないかな~~~と思ってます。





今回の記事は、どうして日本ではNFTは流行らないと言われているのか。その理由を徹底的解説します。

今現在日本で起きつつある変化、今後の展望についてもお伝えしますよーーー。



この記事でわかること

・日本でNFTが流行らない3つの理由
・日本でもNFTが今後流行る理由
・日本で起きつつある変化
・それをつくった存在は何だったのか




それでは行きましょう!

☑NFTに興味があるならば、ビットフライヤーがおすすめです。


bitFlyer


ビットフライヤーならば、「1円」から暗号資産が買えます。


暗号資産が「1円」から買えるから、初心者さんにも安心ですよ😊

【無料】ビットフライヤーで口座開設する



ビットフライヤーで口座開設する



NFTは流行らない 日本では流行らない3つの理由



NFTは流行らない 日本では流行らない3つの理由

・購入にある程度のITリテラシーが必要

・日本人の認知度が低い

・そもそも暗号資産が浸透していない


購入にある程度のITリテラシーが必要


NFTを購入するのはめんどうです。


NFTをマーケットプレイスで購入するときの手順は以下の通り

1:暗号資産取引所の口座を開設

2:暗号資産取引所に日本円の入金

3:メタマスク(ウォレット)をインストール・設定

4:イーサリアムの購入と送金

5:マーケットプレイスでNFTを購入




なんと「5つ」もの手順をクリアしないことには、NFTは買えません。

用語もはじめて聞くものも多く、勉強しなければなりません。


クレジットカードでかんたんに、とはいかないのが現状です。(クレカで購入できるものも出てきています)




さらに、NFTは詐欺が多い。

常に警戒が必要で、詐欺手法についても情報を集める必要があります。


おまけに、最新のテクノロジーですので進歩も早い。


常に、学び続ける姿勢が求められます。


リテラシーが求められるため、敷居が高い



日本人の認知度が低い


NFTについての認知が低いことも理由のひとつです。


以下はMediverseの調査結果

アンケート調査結果の抜粋
NFTを知っていますか?



なんと、7割の人が「NFTという言葉」さえも聞いたことがないという結果が出ていますね。


NFTを買う買わない、流行る流行らない、の話をする以前の状況であることがわかりますよね。

「知らないもの」を買おうとする人はいませんから。




日本人の7割がNFTという言葉さえ知らない。





そもそも暗号資産が浸透していない



NFTを購入するには「イーサリアム」という暗号資産が必要です。

暗号資産を買うには、暗号資産取引所の口座が必要。

なのですが、そもそも日本人には暗号資産に馴染みがない人が多いのが現状。


以下は、Finderの調査結果です。

国別暗号資産所有割合


調査方法
Finderは27か国の9万3,528人を対象にGoogleを通して調査を行なった。各国ではそれぞれ、970人から2,549人が調査に参加。地域によりGoogleのインフラ状況が異なるため、すべての調査が全国的な代表を示すとは限らない。全国的な代表サンプルが入手できない場合は、自然落下/便宜的サンプルを使用。 これらについて、Googleは層化抽出法を使用してないが、調査回答者の人口統計が人口統計データからそれほど大きく変化していなければ、調査結果を重視した。

関連情報:https://www.finder.com/jp/



27か国での調査結果ですが、日本は最下位となっています。



暗号資産は自国の通過が安定していない国の人が持つという話もありますが、そうはいってもかなりの遅れている印象。

アメリカやドイツでも日本よりは持っていますからね。日本は遅れています。

1位のベトナム、2位のインドは経済成長が目覚ましい国。

日本が30年間経済成長できていないうちに、世界は確実に変化していっているということでしょうか。

日本は、暗号資産について遅れをとっている




NFTは流行らない 日本では流行らないが間違いである3つの理由


日本では流行らないが間違いである3つの理由

・日本はコンテンツ大国だから

・多くの有名人や大企業が参入してきているから

・すでに実績を作りつつあるから




日本はコンテンツ大国だから



NFTはデジタルの画像です。(厳密に言うと、もっとさまざまな用途があります)

これをキャラクタービジネスと捉えると、日本でNFTが流行らないはずがありません。

なぜなら、日本はコンテンツ大国だからです。


【海外で人気のある日本のコンテンツ】

・ドラえもん

・ドラゴンボール

・ワンピース

・ナルト

・ポケモン

・進撃の巨人

・鬼滅の刃



以上のコンテンツは、誰でもかんたんにこららを思い浮かべるでしょう。

サッカーで有名なメッシやネイマールは「キャプテン翼」に影響を受けたと公言しています。


このように日本のコンテンツは海外で大人気です。


漫画→アニメ→ゲームと、すべてにおいて日本はコンテンツのクオリティの高さを証明してきました。

NFTでできないはずがありません。


日本のコンテンツをつくるチカラが魅力的なNFTを生み出すことは容易に予測できる。






くわしくはこちらのvoicy(音声配信サービス)がとてもわかりやすいでしょう。

>>>NFTで日本がこれから有利な理由 チャプター3からが本題です。

裏・ぱじチャンネル




多くの有名人や大企業が参入してきているから



多くの有名人や大企業がNFTを世に出しています。徐々に、日本でも浸透していくことはわかるはず。



【企業】

・KONAMI

・CyberAgent

・SQUARE ENIX

・LINE

・楽天

・メルカリ




【有名人】

・関口メンディーさん(EXILE)

・西野亮廣さん(キングコング・インフルエンサー)

・レイザーラモンHGさん(レイザーラモン)




ビジネス系YouTuberである鴨頭嘉人さん(56歳)も、NFTコレクションを出すと発表されました。

さまざまなインフルエンサーなどの有名人がNFTに参入してくることも、予測できますよね。



すでに実績を作りつつあるから


日本初のNFTコレクションが1つ、2つと結果を出し始めています。

日本のNFTが世界の市場で十分に通用することを証明しつつあります。




2022年5月にリリースされた「CNP」は2023年1月12日の時点で最低価格が「2.84ETH」。約50万円です。(1ETH=177,000円で計算)




2022年10月にリリースされた「APP」は、まだ4ヶ月目なのに、「約200,000円」です。





さらに2022年12月28日、新たな存在が誕生。

それが「LLAC」

リリースされるやいきなりの高額をつけ日本記録を更新しました。

2,023年1月12日現在は、「約60万円」ですね。





今紹介した3つをとって「御三家」と呼ばれていますが、この「御三家」が牽引役となり日本のNFTのおもしろさを世界に証明しつつあります。





たった1枚のデジタル画像にも関わらず、欲しいと思わせる価値あるNFTをつくり出しています。







「日本ではNFTは流行らない」←まだそんなこと言ってるの?


「日本ではNFTは流行らない」を覆す存在の登場



「日本ではNFTは流行らない」

本当にそう言われていました。2022年のはじめごろでしょうか……。

NFTをやるのは構わないが、日本ではNFTは流行らないから海外を目指すべきた。そんなことも言われていました。

ですが、それを覆す存在が登場しました。

それが、「CNP」

CNP オープンシー




実はリリース当初は上手くいかない、完売しないと噂されていました。

運営であるイケハヤさんもリリースする前の音声配信では、「売れ残るかもしれない……」と自信のない発言を。

ところが、リリースするや2時間程度で完売。

それどころか、順調に価格を上げ続け、今ではたったの1体が「約50万円」で売られています。






【CNPの成功要因】

・激安ミント:0.001ETH(わずか200円くらい)でリリース

・丁寧なコミュニティ運営

・キャラクターの追加(リリース当初は4種類、数ヶ月後6種類、徐々に増えていく)

・長期で持った方がお得と思わせる企画(飲食店サービス・アプリなど)

・運営側の音声配信



以上は一部であり、実はまだまだあります。




あとに続くNFTプロジェクトは、CNPの成功要因を参考にしており、徐々に上手くいくプロジェクトが増えていますよ。


【CNPの成功要因を踏襲しているNFTプロジェクト】

・APP(その後の成果は前述の通り)

・LLAC(その後の成果は前述の通り)

・わふくジェネ

・KAMIYO

・CNPJ

・CNPR




「日本ではNFTは流行らない」とは言い堅い状況になりつつあります。





「日本ではNFTは流行らない」は、もったいない!


「日本ではNFTは流行らない」なんて言っているのは、もったいないですね!


NFT含み益


とーひーは、2022年5月からNFTをはじめました。その数ヶ月後にはご覧の通り。

投資金額は、10万円くらいですから、「300万円」の含み益が出ました。


これめずらしくありません。ぼくと同じくらいにはじめた人でしたら最低でもこれくらいの利益が出ています。

(1,000万円もいます)



勝因はただ1つ:早くはじめたこと





早くはじめたので、今高額となっているNFTをめちゃくちゃ安く買えました!

ただ購入したNFTのすべてが高額となったわけではありません。1万円くらいにしかなっていないものもあります。

それでも投資金額を考えると儲かってますね。



早くはじめたので「安く」買えた
早くはじめるとライバルが少ないので「安く」買える




利益が出せた理由はめちゃくちゃ単純で、特別なスキルはいりません。



だから、誰でもできる!


誰でもできるのにやらないのは、もったいない!


というお話ですよ。


NFTを買ってみた結果は……。実際どうなの?《NFTの将来性》





日本のNFTプロジェクトの成功と、それによって「爆益」を得た人がいます。

それを知って「自分も!」と動き始めている人がいます。

ぜひ、乗り遅れ内容にしてくださいね。





【課題】今後さらにNFTが流行るためには



日本でも大成功を収めているNFTコレクションは誕生しました。続く存在も誕生しています。

ですが、日本人でNFTを買っているのはまだ「18,000人ほど」とも言われているのが現状。

では、今後さらにNFTが流行るためには、何が必要なのでしょうか?



上げられるのは、「3つ」です。

・法整備

・買いやすさ

・セキュリティ



法整備


暗号資産関連の特に税制が諸外国と較べて厳しい傾向があります。実際に法律の厳しさを理由に海外に拠点を移してしまった企業もあるくらいで。

ただ国会議員の中には、暗号資産の市場こそ成長産業であると気づいている人もいます。徐々には改善の方向にあるようです。


来年度税制改正、仮想通貨法人税のルールを一部見直しへ



買いやすさ


前述の通り、NFTを買うにはめんどくさい手順が必要です。

今後さらにNFTを普及させるためには、「買いやすさ」が必要でしょう。

手段としては

・クレカ決済

・国内取引所でのNFT売買



一部のNFTコレクションはクレカ決済が可能ですし、

実は、NFTコレクション自体がマーケットプレイスをつくりつつあるものもあります。


徐々に、改善しつつあります。



セキュリティ


セキュリティもNFT普及に大切な要素です。残念ながら、NFTの世界は詐欺が多い。

法律も追いついておらず、自衛が必要です。

対策は情報の共有。

【よくある詐欺の手口】

・TwitterでDMを送りつけてくる

・ディスコードコミュニティでDMを送りつけてくる

・NFTを送りつけてくる

・偽サイトをつくる




【対策】

・DMは無視

・見知らぬNFTは無視

・検索はせずに、公式ディスコードなどのリンクから行く


詐欺手法についての情報も追っていく必要はあります。




【結論】NFTは流行らないは、間違いです。 今後の展望は、日本でも流行る 


いかがですか?

「NFTは流行らない」と言われていますが、それが間違いであることがお分かりいただけたと思います。

「NFTは流行らない」と言われていた時代は確かにありました。でも、それはすでに過去のものとなりそうですね。


・日本はコンテンツを生み出すチカラと発展させるチカラがある

・日本には受け入れる人びとがたくさん存在する

・国産NFTの成功事例が登場してきている




すでに用意されているといっていい状況が日本にはあります。

今爆発的な成長を前にして、着々と準備が進められているような気がしてなりません。




体験しよう!ともに価値を高めていく「共創」の時代

NFTは共創




日本ではNFTは流行らないのか?については、NFTとはそもそもテクノロジーですので、遅れてはいるもののいずれは浸透して行くものです。



また、日本発のNFTプロジェクトも誕生し、徐々に成功例が出てきました。


日本のNFTは海外での失敗例を十分に研究して運営されていますので、コミュニティ運営を重視しています。

NFTを購入して、コミュニティに行けば「仲間」として歓迎されるでしょう。


NFTがすばらしいのは売り手と買い手の乖離が小さい点にあります。

買い手が売り手とともに、今後の運営について議論することも可能。

選挙なども行われて、投票することも可能です。

「より深く参加できるエンターテイメント」と言ってもいいでしょう。


いっしょになって盛り上げて行こう!

共に作り上げて行こう(共創)!

成功するNFTプロジェクトは、この気持ちが強いのが特徴です。

コミュニティでNFTを楽しんでいたら、いつの間にかNFTの価値が上がってた。


ということが、本当に起きます!
(「CNP」に数ヶ月かかわって、実際に体験しました。とーひー談)



ぜひ、NFTをはじめて、この驚きとよろこびを体験して欲しいですね。



よくある質問のコーナー


Q:日本でNFTが流行るのはいつごろになるでしょうか?

A:日本のNFTバブルは「2024年」と予想されています。ですから、今のうちからはじめておくと良いでしょう。




Q:「10万円以上」もするなんてとても買えません。もう手遅れではないですか?

A:まったく手遅れではありません。今回の記事で紹介した「御三家」は高額ですから買えないかもしれません。

ですが、それに継ぐNFTプロジェクトは必ず出てくるでしょう。日本にはそれだけの土壌がありますから。


Q:NFTをはじめるにはお金はいくらかかりますか?

A:いくらかかるかははっきりとは言えません。高額なものは○千万、○百万円です。安いものは○百円ですね。

ぼくは、数千円のものからはじめました。まずは難しいことは考えずに、気に入ったイラストを買うのが良いでしょう。


Q:有望なNFTの見分け方はどうしてますか?

A:リリース後1ヶ月ほど経っても値段が上がっている、または落ちていないものが良いようです。

あとはコミュニティの盛り上がりですね。盛り上がっているということはNFTプロジェクトを支える人が多いということ。


Q:NFTの買い方がわかりません。

A:NFTの買い方はこちらの記事でていねいに解説しています。ぜひ、読みながらやってみてください。【初心者さん向け】NFTの買い方《買い方は2種類・徹底仮説》




Q:何からはじめたらいいですか?

A:第一歩は暗号資産取引所の口座開設です。まずは一番人気の暗号資産である「ビットコイン」を買うことからはじめるのが絶対におすすめです。500円、1000円でいいので買ってみてください。

本当にそこからです。

ビットフライヤーですと、「1円」から暗号資産が買えるので安心ですよ。


Q:暗号資産やNFTは少し怖いのですが。

A:みんな怖がっています。だからこそ、チャンスです。人の生活を変えるのは新しいテクノロジーであることは経験上おわかりでしょう。

今まだみんなが参入できていないうちにはじめると、安くしかも比較的かんたんに有利な立場になれます。




☑NFTに興味があるならば、ビットフライヤーがおすすめです。


bitFlyer


ビットフライヤーならば、「1円」から暗号資産が買えます。


おこづかいではじめられますし。
やっぱり、損するの嫌ですよね。
だから暗号資産が「1円」から買えるビットフライヤーがおすすめなんです。

【無料】ビットフライヤーで口座開設する



ビットフライヤーで口座開設する




  • この記事を書いた人
  • 最新記事

とーひー(toohii)

とーひーです。衰退産業で働いていた経験から、伸びていく市場にかかわることの重要性を痛感しています。暗号資産の有望性を知り、投資開始。暗号資産の市場が発展していくことにワクワクしています。静かな環境と1人の暮らしを好みます。ネットでの交流は大歓迎、フォローしてね。※当サイトでの「仮想通貨」は「暗号資産」を意味します。

-NFT